需要が高い弁護士の求人に応募【ビジネスでの国境がボーダーレス】

女性

税金払い過ぎていませんか

今一度基本を見直そう

法律

会社を経営するうえで、法人税の支払いは経営者の基本的な義務です。しかし、その額をなるべく減らせるものならそれに越したことはない、というのが大方の本音でしょう。決算時になると気にかかる法人税の節税について見ていきましょう。法人税の節税は、細かくその方法を考えれば何十通りものやり方ががありますが、基本は損金を増やして、資産・収益を減らす、ということです。別に損金を増やすと言っても「損をしろ」ということではありません。損金として計上してこなかったもので損金にできるものは何か、チェックしましょう、ということです。同じく資産を減らすと言っても会社の社屋を手離すことではないのです。例えば、固定資産には減価償却というものがつきものです。この減価償却の期間を短く設定すれば、当然損金は増えていくというわけです。このように、損金に計上できそうなものはないか、よく帳簿をのぞいてみましょう。

今やるべきことは何か

法人税の節税には損金をいかにして計上するか、ということが基本になります。その視点で今一度帳簿をよく見直してチェックすることは非常に有効な節税手段となります。しかし、ここで注意していただきたいのが、何もかも一人でやろうとしない、ということです。会社を経営されている方でしたら、顧問税理士が必ずいることでしょう。この税理士に相談することをおすすめします。税理士に相談するのなら、何も自分でチェックする必要は無いだろうとお考えになる方もいるかもしれませんが、それは違います。ただ漠然と「節税したい」とだけ伝え後は丸投げというのと、「ここのこれをこうしたい」ときちんと自分の希望と意志を明確にして指示するのとでは、節税の効果はまるで違ってくるでしょう。丸投げではなく、しかし具体的な所はきちんとプロの手を借りて、これが正しい法人税の節税方法と言えるのではないでしょうか。やるべきことをやって、ニッコリ笑える決算を迎えましょう。